舌足らずは英語の発音について

舌足らずの方は、英語の発音が良いと言われる一方で、英会話などが苦手な方も多いと言われています。

 

人によっては滑舌の悪さが絶妙な英語の発音に近づくという方もいて、実は舌足らずの方が英語の発音が綺麗に聞こえることもあるようです。
しかし、多くの場合は発音自体がなかなかできなくなるので、英語も結果的に下手になってしまうことも多いです。

 

特に英語は舌を使った発音や口の形が特徴的な単語なども多いことから、滑舌が悪い方にとっては壁となることも多いです。

 

英会話にも影響することを考えると、舌足らずは、しっかり治した方が良いと言えますね。

 

近年は舌が短い人のために手術などもおこなわれているので、それらによって治療を進めていけば、ある程度滑舌を良くすることもできます。

 

舌足らずの方は諦めている方も多いですが、今後さらに必要となってくる英語で会話するためには、舌足らずをしっかり改善して、発音などにも気を付けていきたいものです。

 

ただ、手術しなくてもトレーニングや鍛え方によっては、英語の発音も上手くすることができます。

 

専門のトレーナーなどもいるので、そういう方に相談してみるというのも良いのではないでしょうか。

 

色々な方法を駆使すれば、英会話もできるようになるので、諦めないでください。

  スポンサーリンク

トップへ戻る