滑舌と呂律(ろれつ)の違いについて

滑舌脳梗塞は深い関わりがあります。

 

人間は生きている限り脳が働いているのですが、その脳の血管が詰まってしまうことによって脳梗塞が引き起こされます。

 

脳梗塞は日本人の死因の上位を常に占めていて、脳血管障害の一つとされています。

 

実際に脳内の血管に何かしらの異常が発生すると後遺症が出てしまうケースが多く、脳梗塞で倒れた方の多くが後遺症として滑舌に問題を抱えるとも言われています。

 

もともと滑舌が悪い人と、脳梗塞によって呂律が回らなくなってしまう方は、根本的には違います

 

しかし、症状が似ているために同じものだと勘違いされてしまうことも多いです。

 

滑舌の悪さというのは舌や口が原因で引き起こされるのですが、脳梗塞の場合は運動麻痺によって引き起こされます

 

それによって感覚障害や言語障害などになってしまうことが多いのです。

 

根本的な違いがあるものの、どちらも会話による意思疎通が難しくなることから、周りの人にも影響が出てくるものだと言えます。

 

日本人は脳梗塞になるリスクも高く、実際に多くの方は軽度の脳梗塞になっているとも言われています。

 

重度になるほど後遺症が残る可能性が高いですが、軽度だからといってあまく見ず、しっかりと治療していくことが必要でしょう。

  スポンサーリンク

トップへ戻る