滑舌と歌唱力について

滑舌が悪い人は、歌の上手さにも影響が出てきます。そもそも発音が悪くなってしまうことが多いので、滑舌が悪い人は歌が下手なことが多いです。

 

売れているミュージシャンや音楽家で、滑舌が悪いという方はあまり見ないのではないでしょうか。

 

聞いている側としても、やはり綺麗な声で聞きたいと思うので、滑舌が悪い歌手は売れない傾向があると言われています。

 

当然、滑舌は歌の上手さ大きく影響するので、注意しておきたいです。

 

例えば、アップテンポの歌を歌おうとした時、滑舌が悪いと噛んでしまうことも多くなりますし、発音がはっきりと出来ないのでリズム感も悪くなってしまうことがあります。

 

また、全体的にメリハリのある歌い方ができなくなるので、聞いている人も「どこか落ち着かないな」と不協和音のように聞こえてしまうかもしれません。

 

歌が上手くなりたいという方は、積極的に滑舌を良くすることが重要となるでしょう。

 

音程さえ合っていて、ある程度のリズムが取れる歌であれば、滑舌が悪くても何とかなる方もいますが、滑舌が良いことに越したことはないと言えますね。

 

どうしても歌を歌わなくてはならない時は、とにかく練習あるのみなので、練習を重ねて上手く歌えるようにすることも重要です。

  スポンサーリンク

トップへ戻る