滑舌が悪いことによるデメリット

滑舌が悪いことによって、何か不利になったりすることはあるでしょうか。その点について、不安になっているという方も多いですよね。
実際滑舌が悪いことによって、不利になるものといえば就活やバイトの面接です。

 

もちろん、滑舌が悪いこと自体を批判されることはないと考えられますが、そもそも自分を上手にアピールすることができなくなってしまうということがあります。

 

また、上手く話しているつもりでも、相手の面接官によっては「すみません、聞き取れなかったのでもう一度お願いします」と言われてしまうこともあるかもしれません。
そうなると、やはりスムーズな意思疎通ができないと判断されてしまって、面接で不利になってしまうことはあると言えます。

 

工場や事務など、人とあまり話さない仕事であれば採用される可能性も高いですが、飲食店やサービススタッフなど、接客が必要となる分野では、より不利になってしまう可能性も考えられます。

 

面接の時には、あらかじめ滑舌が悪いことを伝えることはできないので、はっきりと話すことを心掛けて、乗り越えていくしかありません。
もちろん聞き返されたら、それについてもう一度丁寧に説明するようにしましょう。

 

面接官の中には、「滑舌が悪いね」と心無い言葉をかけてくる方もいますが、それに屈しない心が大切です。

  スポンサーリンク

トップへ戻る