滑舌を良くするメリット

滑舌を改善するメリットや、滑舌に関する疑問についてご紹介します。

滑舌を良くするメリット記事一覧

滑舌が悪いことによって、何か不利になったりすることはあるでしょうか。その点について、不安になっているという方も多いですよね。実際滑舌が悪いことによって、不利になるものといえば就活やバイトの面接です。もちろん、滑舌が悪いこと自体を批判されることはないと考えられますが、そもそも自分を上手にアピールすることができなくなってしまうということがあります。また、上手く話しているつもりでも、相手の面接官によって...

滑舌が悪い人は、歌の上手さにも影響が出てきます。そもそも発音が悪くなってしまうことが多いので、滑舌が悪い人は歌が下手なことが多いです。売れているミュージシャンや音楽家で、滑舌が悪いという方はあまり見ないのではないでしょうか。聞いている側としても、やはり綺麗な声で聞きたいと思うので、滑舌が悪い歌手は売れない傾向があると言われています。当然、滑舌は歌の上手さ大きく影響するので、注意しておきたいです。例...

親知らずが原因で、滑舌が悪くなっているという方もいます。親知らずの中には、まっすぐ生えてくる害のない歯と、斜めや横向きで生えてくる害のある歯があります。どちらの親知らずも、噛みあわせを悪くしてしまうことがあり、それによって滑舌が悪くなることがあります。また、口のスペースを余分に使ってしまうので、上手に話せなくなってしまうこともあるワケです。そのため、親知らずを抜くことによって、滑舌が良くなることも...

滑舌が改善するまで、「どれくらいのトレーニング期間が必要なのかな?」と思っている方も多いかもしれません。基本的に滑舌が改善されるかどうかは、本人次第な面も大きく、具体的に「何日でトレーニングが終了」ということは言えないのが正直なところです。自分で判断してみて、「滑舌が良くなった」と思えても、定期的に練習やトレーニングをしないと、最初の状態に戻ってしまうこともあるかもしれません。トレーニング期間に関...

滑舌が悪い人と吃音(どもり)の人は、その特徴が異なります。まず、滑舌が悪いというのは、声を出すことは出来るものの発音が悪かったり、聞き取りづらかったりすることを言います。その原因としては、舌が短かったり、顎の形が悪かったりするものです。一方で吃音(どもり)というのは、発生時に円滑に声が出なかったり、ある言葉を繰り返したり、伸ばしたり、無音が続いたりする言語障害だと言われています。滑舌が悪い人と吃音...

滑舌と脳梗塞は深い関わりがあります。人間は生きている限り脳が働いているのですが、その脳の血管が詰まってしまうことによって脳梗塞が引き起こされます。脳梗塞は日本人の死因の上位を常に占めていて、脳血管障害の一つとされています。実際に脳内の血管に何かしらの異常が発生すると後遺症が出てしまうケースが多く、脳梗塞で倒れた方の多くが後遺症として滑舌に問題を抱えるとも言われています。もともと滑舌が悪い人と、脳梗...

歯並びが悪い人は、滑舌が悪いことも多いです。歯の噛み合わせが良い人は、ある程度発音が上手なケースが多いですが、歯の並びが悪いと息漏れを起こしてしまい、結果的に滑舌が悪くなってしまうことが多いです。では、歯の矯正治療をすることによって、滑舌を改善することは可能なのでしょうか?歯科医師から色々と情報を集めてみると、歯並び矯正によって滑舌が改善することもあるという情報が多いです。もともと歯並びが悪いこと...

舌足らずの方は、英語の発音が良いと言われる一方で、英会話などが苦手な方も多いと言われています。人によっては滑舌の悪さが絶妙な英語の発音に近づくという方もいて、実は舌足らずの方が英語の発音が綺麗に聞こえることもあるようです。しかし、多くの場合は発音自体がなかなかできなくなるので、英語も結果的に下手になってしまうことも多いです。特に英語は舌を使った発音や口の形が特徴的な単語なども多いことから、滑舌が悪...

トップへ戻る