舌足らずの治し方について

舌足らずの原因としては、舌が短いことや長いこと、使い方が下手なこと、舌の位置が悪いことなどが挙げられます。

 

それぞれの原因を考えてみると、「治すことは難しいんじゃないかな」と思ってしまう方もいるかもしれません。
実際に舌足らずの方の中には、諦めてしまっている方もいます。

 

しかし、ここで言っておきたいのは、舌足らずも治すことができるということです。
実際に舌足らずを治した経験がある芸能人もいて、手術で治すことも可能です。

 

日々の鍛練やトレーニングによって、ある程度舌の使い方をマスターすれば、綺麗に発音できるケースも多いです。

 

また、舌の裏側にあるヒダの位置が悪い「舌小帯短縮症」などの症状がある場合は、手術で治すことが可能です。

 

トレーニングや発声練習によって鍛えることができるものの、人によっては逆にそれらが辛いということもありますし、限界を感じるケースもあります。

 

そういう場合には、手術で治してみるということも視野に入れると良いかもしれません。

 

普通に一般的な舌を持っていて、なおかつ特に異常もないのに、舌足らずだという方は、単純に舌の使い方が下手なだけかもしれません。

 

そういう場合は、当サイトに掲載している自宅で舌を鍛えるトレーニング方法もあるので、練習して綺麗な発音ができるようになっていけると良いですね。

  スポンサーリンク

トップへ戻る