舌足らずの原因について

舌足らずの原因としては、舌が短いともいえますし、逆に舌が長いともいえます。
舌というのは、口の中にちょうどよく治まっていて、発音の時に上手に動かすことによって、綺麗な発音ができるようになります。

 

舌が短いと、上手に舌が使えなくて発音がおかしくなることもありますし、逆に長くても口の中で上手く使えないこともあるのです。
それが発音の邪魔をしてしまうことにもなるので、舌というのは滑舌と深く関係しているといって良いでしょう。

 

舌足らずという言葉は、舌が十分に足りていないという意味から来ているので、舌が短い人のことを舌足らずと呼ぶ傾向があります。
しかし、舌の機能が十分に足りていないという意味合いであれば、長すぎる舌の場合も舌足らずといえるのかもしれません。

  スポンサーリンク

トップへ戻る