舌足らず 滑舌 違い

舌足らずと滑舌の違いについて

舌足らずと言われる方や滑舌が悪いと言われる方は、色々と悩みを抱えていることも多いはずです。

 

まず、基本的なこととして知っておきたいのが、舌足らずと滑舌の違いについてです。

 

舌足らずとは?

舌足らずというのは、文字通り舌が足りない、もしくは短い人のことを言います。人間の舌は言葉を発する時に便利なものなのですが、これが短いと当然上手な発音ができなくなってしまいます。

 

滑舌が悪いとは?

滑舌というのは、舌の長さはある程度標準だとしても、舌の使い方が下手なことによって、発音もおかしくなってしまうことを指すことが多いです。

 

舌足らずも滑舌が悪い方も、基本的には同様の意味で使われることが多いですが、若干違いがあるので、その点は注意しておくことが必要となります。

 

ただ、舌足らずの場合は、根本的に舌が短いので、普通に滑舌が悪い人に比べて改善が難しいとも言われています。

 

しっかり鍛えればある程度までは改善されるものの、それぞれの違いや原因などについても知っておくことが必要でしょうか。

 

もちろん、舌が足りないという方も、舌の使い方さえマスターすれば、滑舌が悪くなってしまうことも避けられます。

 

まずは前向きなトレーニングが必要となりますが、そこさえ乗り越えれば綺麗な発音ができるようになるはずです。

  スポンサーリンク

舌足らずと滑舌の違いとは?関連ページ

舌足らずの原因
舌足らずの原因についての情報ページです。舌の長さとの関係などについてもまとめてあります。
舌足らずの治し方
舌足らずの治し方についての情報ページです。舌足らずの治すためのトレーニングや手術法などについてもまとめてあります。
舌足らずの改善トレーニング
舌足らずを改善するトレーニングについての情報ページです。「ら行」の発音などについてもまとめてあります。