さ行の滑舌の効果的な練習法

滑舌が悪い人の中には、さ行の発音が苦手な方も多く、難敵と言える相手となっています。
実際会話の中で、さ行が出てくることはとても多いですし、しっかりと発音できなければ、社会人になってからも苦労するということも多いです。

 

学生の場合は、周りの人から滑舌が悪いことを笑われてしまう可能性もありますよね。
しかし、滑舌というのは練習でしっかり改善できるものなので、まずは入念に練習していくようにしましょう。

 

そこでおすすめなのが早口言葉です。
滑舌が悪い人は早口言葉がとても重要で、これが言えるようになると、舌や口の動かし方も分かってきます。

 

さ行でおすすめの早口言葉

さ行でおすすめの早口言葉としては、「親切診療室視察 (しんせつしんりょうしつしさつ)」や「最新式写真撮影法(さいしんしきしゃしんさつえいほう)」などがあります。

 

これを何度も発音することによって、さ行も上手に発音できるようになっていきます。その他、さ行を使っている早口言葉をそれぞれ見つけてみて、何度も発声練習をしていくようにしましょう。

 

特に舌が短い方などは、さ行に苦手意識があると思いますが、舌の使い方によって発音もかなり綺麗になることがありますよ。苦手だと思っているからこそ、あまり発音しなくなるということが多いので、その点は勇気を持って何度も発音することが大切です。

  スポンサーリンク

トップへ戻る