滑舌を良くする発声練習には「あめんぼの歌」

滑舌を良くするための発声練習方法としては、「あめんぼの歌」が良いと言われています。あめんぼの歌というのは、北原白秋の有名な歌であり、五十音がバランス良く含まれているので、滑舌のトレーニングになります。

 

発声練習をするには最適なものとなっているので、調べて練習を繰り返してみましょう。実際に「あめんぼの歌」に関しては、インターネット上に歌詞が出ているので、そちらを音読する練習が効果的です。

 

また、実際に口に出して言ってみて、言いづらさや発音のしづらさを感じる場合は、そちらもチェックしていくと良いでしょう。最初はゆっくりで良いので、しっかりと発音しながら読むということに気を付けておきましょう。口や舌の動きに注目しながら練習することで、正しい使い方がわかり、発音などもしっかりとできるようになっていきます。

 

ただ、一度で滑舌が良くなるというワケではないので、何度も繰り返し練習することが必要です。最初は慣れないし声に出すのは恥ずかしいかもしれませんが、自宅などで練習を繰り返せば、より口の動きや舌の動きが良くなり、綺麗な発音になっていくでしょう。

 

あめんぼの歌の動画

 

あめんぼ 赤いな アイウエオ
ウキモに 小エビも 泳いでる
柿の木 栗の木 カキクケコ
キツツキ こつこつ カレケヤキ
ささげに 酢をかけ サシスセソ
そのウオ アサセで さしました
立ちましょ ラッパで タチツテト
トテトテ タッタと 飛び立った
ナメクジ のろのろ ナニヌネノ
ナンドに ぬめって なにねばる
ハトポッポ ほろほろ ハヒフヘホ
ひなたの お部屋にゃ 笛を吹く
まいまい ネジまき マミムメモ
ウメの実 落ちても 見もしまい
ヤキグリ ゆでぐり ヤイユエヨ
ヤマダに ヒのつく よいの家
ライチョウ さむかろ ラリルレロ
レンゲが 咲いたら ルリのとり
わいわい わっしょい ワイウエヲ
ウエキヤ いどがえ お祭りだ

  スポンサーリンク

トップへ戻る