舌の筋肉の鍛え方について

滑舌を良くするためには、舌がとても重要な役割を持っていることを理解すべきです。
舌と言うのは言葉をコントロールする舵のようなものです。その舌を鍛えておけば、ある程度発音も良くなります。

 

では、具体的な鍛え方について紹介していきます。

 

まず、舌を鍛えるためには、とにかく動かすことが重要です。
やりやすい方法としては、自分の歯の表側(歯と唇の間)を全て舐めるように舌をグルーっと動かしてみて下さい。こうすることによって、口全体が引き締まり顔の筋肉も同時に鍛えていくことができます。

 

舌に関しては、舌そのものを鍛えるというよりは、舌を支えている舌の付け根周辺の筋肉を鍛えていくことを意識すると、イメージが沸きやすいかもしれません。

 

また、舌を外に出したり、中に入れたり交互に動かしていると、自然と鍛えられていくと言えます。

 

色々な方法があるので、まずは舌をいろいろな方向に動かしてみて、自分に合っている方法を見つけて実践してみましょう。

 

それに加え、やはり舌を鍛えるためには、多くの人と話すことが重要です。

 

恥ずかしがる必要はまったくないので、滑舌が悪いながらも色々な方と話してみてください。

 

そうすることによって、舌が自然と鍛えられていくので、徐々に発音の仕方なども上手になっていきます。

 

舌を鍛えたあとは軽くほぐしておきましょう。
舌の筋肉をほぐす方法

  スポンサーリンク

トップへ戻る