タ行の練習法について

タ行の滑舌を良くする方法について、知りたいと思っている方も多いのではないでしょうか?

 

タ行というのは、舌足らずの方や滑舌が悪い方にとって、最難関の行だと言えるでしょう。

 

舌を上手に使えないとタ行というのは発音が難しいです。

 

タ行の滑舌を良くするためには、まずは舌の位置をしっかり安定させましょう。

 

滑舌が悪い方は、舌が上顎に付いていなかったり、歯に触れていなかったりします。

 

まずは舌の位置をしっかり確認し、上顎・歯に付くように発音することを意識してください。
タ行の正しい舌の位置

 

発音する言葉としては、「太鼓をタンタントントン叩いて登場」や「地中深くを注意深く血眼になってチェック」など、タ行の言葉が多く含まれている文章を自分で作ってみて、それを何度も発音するのが効果的です。

 

話す時は鏡を見て、自分の口がどのように動いているのかも確認しながら練習すると、自分の悪い癖なども分かってくるでしょう。

 

努力である程度改善できるのが滑舌というものです。

 

諦めずに何度も発音して、タ行をマスターしていくようにしましょう。タ行を改善できれば、滑舌で悩むことも少なくなるはずです。

  スポンサーリンク

トップへ戻る