声優もやってる滑舌練習法

滑舌の練習については、声優アナウンサーなども当然おこなっています。

 

特に滑舌を鍛えるためには、早口言葉が良いとされていて、何度も音にして口から発声することで、滑舌を良くしていくことができると言えます。

 

滑舌が悪い方や舌足らずな方というのは、恥ずかしいという思いが先行してしまって、自分の声で話す機会が少なくなってしまう傾向があります。
しかし、言葉というのは口に出していかないと上達していきません。

 

上達させるためには、滑舌の練習を積むしかないので、色々な早口言葉を使って練習していきましょう。
当サイトでもたくさんの早口言葉を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

それと、声優の場合は多少大袈裟に表現することなども練習のうちに入っています。

 

例えば、「ありがとう」を言うだけでも、感情を込めて抑揚をつけて言ったり、それぞれのセリフも大袈裟なくらいのリアクションで発音したりすることで、鍛えている場合もあります。

 

滑舌が悪いという方は、声を仕事にしている方の特徴を見てみて下さい。

 

口の動かし方が自分とは違っていることに気づくはずです。基本的に口は大きく開け、表情筋もふんだんに使って発音することが、上達までの道のりだと言えるかもしれません。

 

なお、原稿や文章などを口に出して音読することで鍛える方法も、声優やアナウンサーはやっていることが多いです。

  スポンサーリンク

トップへ戻る