滑舌を良くする舌体操について

滑舌を良くするためには、舌体操を行うと効果的だといわれています。

 

舌体操というのは、文字通り舌の体操をすることです。

 

しかし、いきなり体操と言われても「どのように舌を動かせば良いのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

 

やり方としては、色々な方法があります。

 

人によって異なる場合がありますが、このページではいくつか紹介していきます。

 

舌体操のやり方

まずは舌を口の中でぐるぐると回す方法があります。

 

歯を舐めるような感覚 で上の前歯から右回りに数回、左周りに数回舌を動かすだけで体操となります。

 

その他、舌を意識しながら早口言葉を言ったり、発音に気を付けながら舌を動かしたりすることによって、体操としての効果は十分得られると言って良いでしょう。

 

それぞれ方法は様々ですが、舌足らずの人や滑舌が悪い人は、舌の筋肉が低下している可能性があります。

 

口の中でしか動けないのが、舌という部分なので、意識的に動かすようにして、滑舌を良くするように心掛けてみてください。

 

その他、体操とはまた少し違いますが、マッサージなどを繰り返すことによって、舌の回りを良くし、発音や発声を良くすることも可能だと言われています。
色々な方法を試してみると良いですね。

  スポンサーリンク

トップへ戻る