か行の滑舌の発音練習について

滑舌が悪い人の中には、「か行が上手に発音できない」と思っている人も多いです。

 

実際には、「かきくけこ」はとくに発音が難しくはないのですが、舌を独特な使い方をする文字などに関しては、若干苦手意識を持っている方も多いです。

 

か行の練習には発音練習が重要となります。

 

まずは「かきくけこ」と大袈裟に口を開けて、発音してみて下さい。

 

そうすると、どれも舌はそこまで使っていないことが分かりますね。
か行に関しては、主に口の形や唇の使い方によって発音が変わってくるので、その正しい使い方を練習していくしかありません。

 

か行に関しては、滑舌が悪いというよりも、単純に発音が悪いということが多く、人によってはすぐに改善できることもあります。

 

何度もか行を練習することによって、人との会話でも自然な発音ができるようになっていくので、こればかりは練習あるのみといえるでしょう。

 

もちろん、早口言葉の「東京特許許可局局長」や「隣の客は、よく柿食う客だ」なども有効です。

 

口を動かして、何度も発音していくことで、か行も正しい使い方をマスターしていくことができるでしょう。

 

なお、練習する時は、人に発音についても聞いてもらって、その場で指摘してもらうことなども重要です。

  スポンサーリンク

トップへ戻る