た行の滑舌のトレーニング方法について

滑舌が悪い人や舌足らずの人にとっては、た行も難関といってよいでしょう。た行は舌をよく動かすので、その動きに慣れていない人は上手に発音できないことが多いです。

 

その場合は、やはり早口言葉で鍛えていくことをおすすめします。滑舌というのは、しっかりトレーニングさえすれば、改善することも可能なので、まずは諦めずに何度も挑戦してみることが重要です。

 

た行のおすすめの早口言葉

歌うたいが 歌うたいに来て 歌うたえというが、
歌うたいほど 歌うたえれば 歌うたうが、
歌うたいほど 歌うたえぬから 歌うたわぬ

 

その他、王道なところでは、「東京特許許可局局長(とうきょうとっきょきょかきょくきょくちょう)」なども早口言葉としては鍛えられる言葉といえます。

 

た行に関しては、舌の使い方も重要なので、単純に「たちつてと」を何度も発声練習することによって改善できる場合もあります。

 

正しい舌の位置と口の使い方が、滑舌では重要となるワケです。

 

ただ、人によっては「早口言葉すら言えない」ということもあるでしょう。

 

そういう場合は、それぞれ自分が普段使う言葉に含まれている、た行のフレーズを見つけて意識的に発音してみましょう。

 

そうやって意識的に練習することによって、滑舌は改善されていきます。
タ行の発声練習

  スポンサーリンク

トップへ戻る