サ行の滑舌を良くする方法

滑舌が悪い人の中には、一定の発音だけが苦手という方も多いです。

 

例えば、サ行などは滑舌が悪い人によって、言葉として発しにくいものだといえるでしょう。

 

サ行の滑舌を良くするためには、舌の位置が重要となります。

 

そもそもサ行に限らず、舌を有効に使えない人は、滑舌が総じて悪くなってしまうこともあるので、できる限り舌を上手に使えるようにしておくことが重要となります。

 

サ行の舌の位置

舌の位置としては、しっかりと発音しながら確かめていきましょう

 

サ行の場合は、舌は前の方に来ることが多く、サは前歯に触れるくらいの舌の位置となります。

 

シやスに関しては、若干前歯から離れているものの、前の方に舌がある方が、発音しやすいです。
セとソに関しては、前歯で舌を軽く挟むように発音することによって、より綺麗な発音になると言えます。

 

後は、何度も言葉にしてみて、発音がしっかりできるように練習していくことが必要です。
特に口や舌の筋肉が衰えている方は、そちらを同時進行で鍛えていくとより効果的です。

 

サ行の舌の使い方などは、長年体に染み付いてしまっているので、すぐに改善はされないかもしれません。

 

しかし、逆に言えば練習すればするほど、滑舌は改善できるので、最初は辛いかもしれませんが、繰り返して言葉にすることが重要だといえます。
さ行でおすすめの早口言葉

  スポンサーリンク

トップへ戻る