割り箸を使って滑舌を良くするトレーニング方法

滑舌が悪い人は、口や舌の筋肉が発達していないこともあります。また、顔の筋肉が低下していることによって滑舌が悪い方もいます。そういう場合は、割り箸トレーニングがおすすめです。

 

トレーニングの方法としては、まずは割り箸を用意し、口にくわえます。
この時、手などは使わずに口だけで箸を固定するようにしてください。
そのまま数秒から数十秒キープすることによって、顔の筋肉全体が鍛えられるといわれています。

 

唇で固定することによって、口や口周辺の筋肉も鍛えられるので、滑舌自体が良くなっていくと考えられています。

 

この方法は、鍛えようと思って鍛えることができるで良い点です。

 

滑舌は良くなれば良くなるほど、会話が楽しくなっていきます。ただ、割り箸トレーニングは個人差もありますし、なかなか効果が出ない場合はモチベーションも下がってしまうので、その点は「長く続けていくこと」を意識してください。

 

会話が楽しくなってくれば、さらに人と話す機会も増えていくので、滑舌を改善する機会も多くなっていきます。

 

そうなれば、もう自分の滑舌にコンプレックスを抱くこともなくなるかもしれませんね。自分の滑舌に関して悩んでいる方は、諦めずにトレーニングを実践してみて下さい。

  スポンサーリンク

トップへ戻る