タ行・ナ行・ラ行の舌先の位置について

滑舌の改善方法は、それぞれ舌の位置がとても重要となります。発音する内容によって舌の位置を上手に使えば、滑舌は大幅に改善されるでしょう。

 

このページでは、発音が難しいタ行・ナ行・ラ行について、正しい舌の位置を紹介していきます。

 

タ行の舌の位置

滑舌が悪い方の多くが悩むタ行です。
これに関しては、舌の位置は上顎に付く意識で、上の前歯の裏側の付け根に舌先を持ってきて発音します。
舌が短い方などは、これができなくて滑舌が悪くなってしまっているので、上手な下の位置を見つけて発音する練習をしましょう。

 

ダ行に関しては、舌の位置はタ行と同じですが、タ行よりも舌を少し強くつける感じです。

 

ナ行の舌の位置

ナ行は、に関しても、上顎に舌を付ける感覚で発音していきます。歯の付け根よりも少し上の歯茎に舌先をつける感じです。

 

ラ行の舌の位置

ラ行も上顎に舌を付けて発音するのが特徴です。舌先はナ行よりもさらに上の歯茎に当てます。舌を上顎から弾くようにすると、上手に発音できるはずです。

 

 

舌の位置というのは、普段意識しないかもしれませんが、滑舌が悪い方は舌の位置が間違っている場合がほとんどなので、正しい舌の位置を意識して発音してみてください。

 

上記で紹介したタ行、ナ行、ラ行というのは、舌を上顎に付けないと上手に発音できない言葉です。これらの行は練習によって改善できますよ。まずは練習あるのみです。

  スポンサーリンク

トップへ戻る