滑舌を良くする口の開け方について

滑舌を良くしたいという方は、口の開け方を工夫してみるというのも効果的です。滑舌が悪い方は、口を開ける時に発音を良くしようと大きく開けすぎている方も多いようです。

 

滑舌を良くしたいなら、口を開け過ぎないことが重要となります。

 

なぜなら、舌が短いことや舌の使い方が下手なことが理由で発音が悪くなってしまっている方も多いので、舌を上手に使える範囲内で話せるようにした方が良いためです。

 

口を大袈裟に開けすぎると、逆に上手に発音できなくなってしまうので、口は普通に会話する程度に広げましょう。

 

また、口の使い方などに関しても、大袈裟に動かすのではなく、自分が一番発音しやすい形を見つけていくことが必要となります。

 

口の開け方としては、指2本分くらいが理想で、それ以上開けることのないようにしてみてください。
そうすれば、ある程度会話の時に大きく口を開ける必要が無いので、話しやすいはずです。

 

また、練習によって滑舌は良くなるので、口の動かし方などにも気を付けてみると良いでしょうね。

 

人によっては大きく口を開けた方が発音しやすいという方もいますが、顎の動きや舌の動きから客観的に考えると、最小限に抑えた方が会話もしやすいはずです。

  スポンサーリンク

トップへ戻る