滑舌の改善方法について

滑舌の悪さを改善する方法を以下の各ページでご紹介します。

滑舌の改善方法記事一覧

滑舌が悪い人の中には、「今すぐに滑舌を良くする方法を知りたい!」とい、即効性のある方法を探している方も多いと思います。このページでは、すぐに効果のある方法をいくつかご紹介したいと思います。語尾をしっかりしゃべる滑舌を良くするためには、まずは大前提として「はっきりと話すことを意識する」ということが大切です。滑舌が悪い人の特徴の一つに、語尾をはっきり言わないというものがあるので、語尾に意識して話してみ...

滑舌が悪い人は、口や舌の筋肉が発達していないこともあります。また、顔の筋肉が低下していることによって滑舌が悪い方もいます。そういう場合は、割り箸トレーニングがおすすめです。トレーニングの方法としては、まずは割り箸を用意し、口にくわえます。この時、手などは使わずに口だけで箸を固定するようにしてください。そのまま数秒から数十秒キープすることによって、顔の筋肉全体が鍛えられるといわれています。唇で固定す...

滑舌と舌の筋肉は、密接に関係しているといわれています。特に顎舌骨筋(がくぜっこつきん)は喉や口と関係していて、滑舌にも大いに関係しています。顎舌骨筋というのは、主に下顎を支えている筋肉の一つで、顎の尖ったところの裏にある筋肉のことです。近年では、この顎舌骨筋をほぐすことによって、滑舌が改善されるといわれています。顎舌骨筋は舌を動かすために使われる筋肉となっていて、舌の活躍はこの筋肉にかかっていると...

滑舌が悪い人の中には、一定の発音だけが苦手という方も多いです。例えば、サ行などは滑舌が悪い人によって、言葉として発しにくいものだといえるでしょう。サ行の滑舌を良くするためには、舌の位置が重要となります。そもそもサ行に限らず、舌を有効に使えない人は、滑舌が総じて悪くなってしまうこともあるので、できる限り舌を上手に使えるようにしておくことが重要となります。サ行の舌の位置舌の位置としては、しっかりと発音...

滑舌が悪い人の中には、手術を考えている方も少なくないようです。ただ、その一方で、「本当に手術しただけで、滑舌が改善されるのかな?」と疑問に思っている方も多いのが事実です。以前、滑舌が悪いお笑い芸人が手術を受けたことが話題になりました。近年は滑舌を改善するための手術を考えている方が増えている傾向にあるようです。実際に手術の効果があるかどうかについては、「手術して滑舌が良くなった」という方も多いので、...

滑舌を良くしたいという方は、口の開け方を工夫してみるというのも効果的です。滑舌が悪い方は、口を開ける時に発音を良くしようと大きく開けすぎている方も多いようです。滑舌を良くしたいなら、口を開け過ぎないことが重要となります。なぜなら、舌が短いことや舌の使い方が下手なことが理由で発音が悪くなってしまっている方も多いので、舌を上手に使える範囲内で話せるようにした方が良いためです。口を大袈裟に開けすぎると、...

滑舌を改善したいなら、呼吸法を色々と試してみることもおすすめです。特に多くの方がやっている方法が腹式呼吸です。腹式呼吸はお腹を使う呼吸方法の一つで、息を吸うとお腹が膨らみ、息を吐くとお腹が縮むイメージを持つとわかりやすいです。腹式呼吸で鍛えた場合、息の量が増加すると言われていて、それによって声のとおりを良くする効果が期待されています。滑舌が悪い方は自信を失くしてしまって、声自体が小さくなり、それが...

滑舌が悪い方の中には、顎の形や歯並びが良くなかったり、舌が短かったりすることで息漏れを引き起こしてしまうケースがあります。歯が欠けていたり、入れ歯の方も滑舌で悩んでいる場合も多いです。また、そういう方は唇のしまりも悪いことが多く、発声が不明瞭になったりすることが多くなります。歯や口、唇の形が良くないと、息が漏れてしまってさらに聞き取りづらい声になってしまうワケです。息漏れの直し方息漏れの基本的な直...

滑舌の改善方法は、それぞれ舌の位置がとても重要となります。発音する内容によって舌の位置を上手に使えば、滑舌は大幅に改善されるでしょう。このページでは、発音が難しいタ行・ナ行・ラ行について、正しい舌の位置を紹介していきます。タ行の舌の位置滑舌が悪い方の多くが悩むタ行です。これに関しては、舌の位置は上顎に付く意識で、上の前歯の裏側の付け根に舌先を持ってきて発音します。舌が短い方などは、これができなくて...

トップへ戻る