滑舌・舌足らずと舌小帯について

滑舌が悪かったり、舌足らずの方は、舌小帯(ぜつしょうたい)が短い可能性があります。

 

舌小帯とは、舌の裏側の付け根部分にあるヒダのことで、これが短いと上手に発音できなかったり、言葉を発する時に正しい音が出せなかったりする症状が出てきます。

 

舌小帯が短いことを舌小帯短縮症と言い、一種の病気というか症状と考えられています。

 

舌小帯短縮症の症状について

舌小帯短縮症の症状に関しては、滑舌が悪くなることや舌足らずになることなど、発音や会話に支障が出てくることが多く、それによって悩まされている方も多いです。

 

原因としては舌小帯が短いことにあるので、実際に「改善は難しい」と思っている方も多いです。
しかし、これに関しては、トレーニングすることによって、ある程度改善することが可能となっています。

 

舌小帯が短ければ短いなりに使い方をマスターすることで、上手な発音ができるようになるのです。そのため、舌小帯短縮症だとしても、そこまで落ち込まないようにしてください。

 

絶対に改善できないということではないので、自分だけの舌の使い方を見つけて、訓練を重ねていきましょう。
そうすれば、滑舌も良くなっていくはずです。一番良くないのは、「舌が短いから」と諦めてしまうことなので、諦めずにトレーニングを重ねていきましょう。
舌小帯の手術の効果と費用

  スポンサーリンク

トップへ戻る