顎の歪みと滑舌について

滑舌が悪い人の原因として、顎の形に特徴があることが多いです。顎のずれや歪み、しゃくれなどによって、滑舌が悪くなってしまうこともあるため、改善したい場合は根本的な骨格形成から考えていくことが必要となる場合があります。

 

もちろん、話し方を工夫したり、訓練したりすれば滑舌は良くなるので、無理に自分の骨格を変えようとは思わなくてもよいです。
その点は自己判断で進めていくとよいでしょう。

 

なお、滑舌が悪い人は「舌足らず」と言われることも多いですが、顎などの形が悪いことによって滑舌も悪くなってしまうことがあります。
つまり、舌だけが関係しているとは限らないので、自分の滑舌の悪さについて、どのようなことが原因となっているのかもしっかり考えておきたいところです。

 

基本的に顎というのは、話す時に必ず動くところで、この形が良くないと滑舌も悪くなってしまいます。

 

また、人によっては顎の形が悪いことを隠そうとして、逆に変な話し方になってしまい、結果的に滑舌が悪くなってしまうこともあるようです。

 

その点も考えると、根本的な解決をするためには、トレーニングか顎の矯正が必要となると言えます。
まずは自分の滑舌の悪さを客観的に考えてみて、改善したい場合は専門医などにも相談してみるとよいでしょう。

  スポンサーリンク

トップへ戻る