滑舌 舌足らず 良くする方法

滑舌とは?

滑舌とは、言葉を発する時に舌を上手に使って音が出せるかどうかを決める重要な要素です。滑舌が良い人は、滑らかな発音ができて、周りの人も聞き取りやすい声だと認識されます。

 

一方で、滑舌が悪い人は、上手な発音ができず、それでいて言葉の語尾も聞き取りづらくなってしまうため、周りの人から「今なんて言ったの?」と言われてしまうことがあります。

滑舌が悪い人の特徴

滑舌が悪い人の特徴としては、口をはっきりと動かさないことだったり、舌が短いことだったり、歯並びが悪いことだったり、色々な特徴が挙げられます。また、舌の筋肉が衰えている方も、滑舌が悪くなってしまうことがあるので、その点はしっかり対処していくことが必要となります。

 

全体的に滑舌が悪い人は、骨格なども人とは違っていることが多く、顎が突出している受け口の方などは、特に滑舌も悪くなってしまうと考えられています。

 

その他、子供の頃に十分な言葉の練習をしてこなかった人は、大人になってからも舌足らずだと思われてしまうような話し方になってしまうことがあります。とはいえ、滑舌は改善することができるので、トレーニングで鍛えていくと格段に聞き取りやすい言葉にすることも可能です。その点を踏まえて、滑舌について理解を深めていくことが重要ですね。

 

滑舌を良くする方法について

滑舌を良くする方法については、知りたいという方も多いのではないでしょうか? 実際、滑舌に関しては鍛え方やトレーニングによって改善することが可能です。既に自分の滑舌について諦めている方もいるかもしれませんが、諦めずにトレーニングを続けていけば改善は可能です。

 

トレーニングの方法としてメジャーなものは、早口言葉などがあります。口を良く動かし、舌を鍛えることができる早口言葉は、声優やアナウンサーなども実践している方法です。話せば話すほど、舌の使い方や口の使い方が分かってくるので、より滑舌を良くすることができます。

 

重要となるのは、しっかりと言葉を発して声に出すことです。自分の声を何度も聞き、時にはトレーニングや治療を受けながら改善していけるようにしましょう。

 

また、近年は病院で滑舌を良くする手術などを受けることもできるので、そちらも考えてみると良いかもしれませんね。

 

滑舌を良くするためには、とにかくトレーニングあるのみです。特に大人になってから改善したい方は、意識的に発音に気を付けることが重要です。最初は大変ですが、慣れてくれば話すことが楽しくなってくるので、それまでは苦境を乗り越えられるように頑張りましょう。